So-net無料ブログ作成
New zealand ブログトップ

大自然の癒し ニュージー! クライストチャーチ編  [New zealand]

NZ 276.jpg

 

美しい湖テカポと星空の村を心残し・・・・チャーチへ移動です。

この時、Y子さんのご主人がMountクックがみれなかったと聞いて、もう一度車を逆方向へもどってしばらく走ってくださいましたが、やはり山はみえなかった・・・。唯一この山だけが晴れ間がでなかった場所、いつかまたリベンジして眺めてみたいです。

車は羊がたくさんいる丘の中の道をひたすら走ります!

綺麗な山並みです、羊はのんびりしてほとんど動いてませんね~。

その丘の上に美味しいパンがでてくるカフェがあるということで寄ってくださいました。

写真は「本日のスープセット」ちょっと薄いからペッパーをかけてBestなテイスト!そして、このパン!お店の手作り、とってもやわらかく美味しいパンです!

NZ 275.jpg
カフェの建物、私達は外で食べました!
外は気持ちがいいよね~。
NZ 270.jpg
お昼となり結構店内は混んできました。
NZ 279.jpg
これなんだかわかりますか?
カプチーノかカフェラテみたいですが、NZでは「ホワイトフラット」という飲み物がよく飲まれてるそうです。
ラテよりミルク分が多いそうです。
確かにNZは酪農盛んだから、乳製品も抜群に美味しかったですよ!
普通に飛行機で出されたバターやチーズがNZ産であるだけで美味しいですよ!
 NZに訪れたら「ホワイトフラット」是非試してみてください。
カフェのメニュープレートみれば一番上に書かれてますよ!
もう一つお勧めはやはりどのカフェにも多い「ホットチョコレート」
やはり多国籍だからフレンチやイタリアンなものが混在されて、良いとこ取りだね!「ホットチョコレート」はスーパーでインスタント購入したけれど十分美味しいですよ!
そして車はひたすら走り途中、また美味しいアイスクリームのお店に寄って下さいました。
 ここも最高!写真ないですが(笑)食べるの必死で気がついたら忘れた!
で、もう一つお願いして寄って頂いたお店。
NZ 288.jpg
「Cookie Time」
これはNZで一番メジャーなクッキー!
マスコットがセサミみたいでしょ!?
ここはアウトレットで沢山大袋に入って販売しています。
これも私は大量に買いました。手に持った時ずしりときた・・・これがまた後の悲劇に・・。
NZ 287.jpg
お店の入り口・・・かわいいでしょ?(^.^)
お店の駐車場にこのクッキー柄の車がありましたよ。
そしてチャーチへ長いDriveから無事到着しました!
Y子さんファミリーに感謝です、遠くから小さな赤ちゃんと一緒に送迎してくださり、本当にありがとう!
そしてチャーチの街を少しDRIVEしながら丁寧に案内して頂きました。
NZ 296.jpg
ここが最終に泊まるホテル「グランドチャンセラー」
なんと部屋はここの最上階!ほぼペントハウスと言っていいくらいなお部屋!これもY子さんのご主人のお力!もう驚きです!
NZ 291.jpg
さっきの写真の一番上の窓がこの写真、これはバルコニーへ出ることも可能ですよ!高所恐怖症な方は無理です!(笑)
NZ 292.jpg
バルコニーからの眺め!チャーチの街は広いですよ!
NZ 290.jpg
ここもホテルでキッチン付き!
NZ 289.jpg
メゾネットだから天井高いよ!素敵な部屋でした。
2階にベットルームが2つ共にまたバスルームもついて豪華!
部屋に荷物を置き、街へ最終のお土産買いに出かけます。
NZ 301.jpg
追憶の門
第一次大戦時、戦場に向かう兵士達が家族・友人に見送られながらこの橋を渡ったという慰霊の意味を込めたアーチ型の門。
NZ 302.jpg
有名な「エイボン川」
 本当にイギリスにいるのと錯覚するほどです。
NZ 321.jpg
NZ 299.jpg
次は有名な大聖堂。
NZ 307.jpg
大きなモニュメント
NZ 306.jpg
少しトラムに乗って街をまわってみた。
トラムの外観撮影忘れてた(^_^.)
NZ 312.jpg
このレトロ感がよいね~
NZ 311.jpg
小さい頃乗った地元の電車を思い出します。
NZ 309.jpg
素敵なライトです。こういう感覚、日本はないよね。
トラムを降り、最後の夕食へ。
NZ 324.jpg
ここも外で皆さんお酒を飲んで楽しそう、そしてジュージュー焼いている音が聞こえました・・・じゃここで!(笑)
 隣のテーブルで男性二人の料理が豪快な音がしています!
これだ!と思い、オーダーはメニューからはわからなかったから、隣の料理を指しOK!って言ってもらいました!
そしてきました!
NZ 323.jpg
このメニューはこの石版が熱してきますから自分でお好みで焼いて食べます!このステーキ。日本みたいに脂肪が無く赤身のみ。シンプルにペッパーソルトでGood!とっても美味しかったですよ!
外のテーブルで食事するのって楽しいですよ!開放感あって。
この後、ゆっくりしてたら外が明るいから安心してたがすでに21時近く。スーパーへ猛ダッシュ!
閉店10分前に入り、どんな商品か選んでる暇もなく、手当たり次第に買いました。
これがバッチリな商品ばかりでした!どれもこれも大当たり!
特に「ホットチョコレート」これは大好評でした。
またもや買物袋を持ってホテルへ。
今夜は睡眠時間ちゃんとあるかしら・・・・いつも旅の最後は荷造りに必死です!
深夜までトランクと格闘した私、思いの他クッキーが重く壊れてしまうから手荷物へ。大きなバックへ詰め込み持ち上げると「重っ!」たぶん、5キロぐらいになったと思う。お陰でトランク重量クリアでき安心でした。
素敵なホテルなのに、あっという間に時間は経ち早く寝なくちゃ!
翌朝、またY子さん一家が空港まで送迎してくださいました。
なんだかとても慌しく自分がNZタイムになった頃、帰国。また時間に追われる生活になってきて恐怖です!
素敵な旅の余韻に浸ることもなく、あっという間に搭乗時間になり出国ゲートへ。ここでお別れです!あー帰りたくないって本当に思いました。
ゲートの係りのおばあちゃんがY子さんの赤ちゃんをずっと「ビューティフルベビー」って何回も言ってましたね!ほんとそう思います!
こんな素敵な国で生まれしあわせだね!
さぁこれからまたオーストラリア大陸を斜めに横断しシンガポールまでまた10時間半!気合入れて寝よう!(笑)
オーストラリアって広い国だよね!
シンガポールへ到着した頃は夕刻、日本便は深夜1時半発。とっても沢山時間あるから行きにお楽しみにしていた空港内、廻ります。
 皆を見渡すと各ゲート事に無料足マッサージ機があり早速やってみた!
長時間の飛行で浮腫んだ足がとっても痛気持ちいいんです!
無料のネットで日本のニュースみたり、飲茶食べたり、免税でお酒買ったりと楽しみ、まだ時間あるためちょっと寝ようと誰もいないゲートエリアで椅子に寝そべっていたら気配が・・・隣に男性が・・・そして急に床にひざまづきお祈りが始まった!もうびっくり!こういうのテレビでしか観たことなかったしね。
そしてこの方々携帯着信音がやたらでかい!そしてその音楽は独特の・・・
ここでは止めておこう(^_^.)
他にも椅子は沢山あるのに何故に私達の椅子なんかいまだに理解できません!
やっと日本便のシンガポール航空の搭乗が始まった。深夜の為みんな静か・・・。そして乗り込んだらすぐ機内のライトが消えお客さんも少なく皆椅子に寝そべってました。
私も横になって寝ていきました。
7時間後日本へ到着!
NZ 334.jpg
夜明けの空・・・・寒い北半球へ来ました。
今回の旅はすべてY子さん一家のお陰、とても感謝しています!
ご主人のプロフェッショナルには特に感謝致します!
素敵な旅にしてくださり、どうもありがとうございました。
美しく、人々は優しく、自然を大切にする国  「大人の国」 NZ
絶対お勧めですよ[exclamation×2]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大自然の癒し ニュージー! Lake Tekapo&星空ツアー [New zealand]

NZ 205.jpg

これがNZに来て3日目のテカポ湖に最初に到着した写真です。

テカポへはクイーンズタウンから長距離バスにて4時間程で到着します。途中休憩を挟みながら時々私達でいうところの「道の駅」みたいなところに停まります。

何度か美味しそうなドライフルーツを横目に店内廻ってました。やっぱり買えばよかったと後から後悔してます。ほんとに美味しそうでした・・・いや絶対美味しかったと思います[exclamation×2]

ここでもNZの人々は休憩するたびアイス食べてましたね~。寒いのに[ふらふら]

クイーンズタウンからのバスの乗客達は殆どNZの人みたいでした。若いまだ10代の男の子も一人で幾人かいて静かに本を読んだりしてます。そして結構シックでお洒落でした。このあたりアメリカと全然違うなぁ~。

休憩する度ドライバーがどれだけ休憩するかちゃんと耳を傾けてないと英語に慣れてないからあとから悲惨な目にあうから注意です(笑)                                       あっけらかんとしてるようで、こういう時は私はかなり神経ピリピリしてます。

この時もY子さんのご主人の時間まで正確に「11:30頃バスの左手にマウントクックが見えてきますよ」という案内をMailでもらっていたので楽しみにその時を待っていましたが・・・がーん[がく~(落胆した顔)]       山の辺りだけ雲がでてるじゃない~。残念!あの雪が掛かった美しいマウントクックみたかった~。

それからしばらくするとテカポへバスは到着します。                               ここもY子さんのご主人が予約してくださっていたお楽しみの宿泊先へ、トランクごろごろごろごろ・・・ほんとに、ごろごろなんです。道もね。ホテルはホテルというよりコテージです、レセプションが以外と一番遠かった。大きなトランクもって坂道はがんばらないとね。これは典型的な日本人の旅行スタイルできたから失敗でした。海外でみると皆ソフトケースの大きいのかバックパックですもんね。     レセプションでチェックイン済ますとコテージ施設内の地図をくれ自分たちの建物にマークしてくれた。この時一生懸命に受付の人は「レイクビューだよ!」って話してくれてたが、私はすでに息切れしてただうなづくのみ(笑)

NZ 203.jpg

ここが宿泊したホテル!私はテカポじゃ一番じゃない?って思いましたよ[exclamation]

そしてコテージ外観

NZ 201.jpg

 

いくつもの部屋がいろんな向きで建っています。

私達はラッキーでした。どの建物と隣接してない独立した建物でした。

NZ 202.jpg

 

1階の左の窓の部屋だけ違うのです。あとは私達のお部屋!

中を紹介しましょう~・・・・・不動産屋じゃないよ[わーい(嬉しい顔)]

NZ 190.jpg

2階のリビング・・・・テレビは日本の「レグザ」です。すごいね、コンポもついてますよ。右横は暖炉です。ガスで簡単に点きます

NZ 189.jpg

この広いリビングテーブルはデッキも入れて3個もありました。ソファももちろんベットになるほど大きいよ!

そしてキッチンも最新式。食洗機もありレンジ、オーブン、コーヒーメーカー、トースター食器すべてあります。冷蔵庫も大きいです。

NZ 191.jpg

 ここに一泊なんてもったいないなぁ

NZ 192.jpg
次は一階の寝室へ
NZ 196.jpg
ベットルームは二部屋あります。
NZ 198.jpg

 

バスルームもウォームマシーンやタオルを温めるバーがついてました。至れり尽くせりです。

湖の美しいのもですが、この施設のすばらしさも感動でした。

テカポは人口300人ちょっとの小さな村です。約一割が日本人が住んでますがこの村で一番美味しい日本食のお店で大半働いてみえる人とツアーの人だそう。

部屋の興奮冷めやらぬうちに外にでました。

さっそく目の前にあるテカポ湖へ!

NZ 210.jpg

この色・・・氷河湖だね!とっても綺麗なミルキーブルー

絶対人工的にこの美しさだせないね。

ちかくに寄ります

NZ 212.jpg

白く濁ってますね。

NZ 216.jpg
これが私の一番のBestショット!
「善き羊飼いの教会」

この教会は現在も使われており神父様もみえました。時々日本人も結婚式挙げているそうです。

NZ 248.jpg
これが今夜の星空ツアーで訪れるMountジョン!
ここの頂上に世界の天文家が注目してる天体観測所があります。
お昼もかなりまわっていたので来た時から目にしていた大きな看板に「湖畔」と書かれたお店へ。
「旅のしおり」にもある、サーモン丼が有名とありました。
 店内に入ると日本人が沢山働いてみえ親切な女の子が「もう少しで窓側が空きますからお待ちくださいね」と声をかけてくれた。
その後テーブルに着くとメニューの説明をしてくれました。
他にも天ぷら付きのお弁当がありそれには鉄火巻きならぬサーモン巻きが入ってる。出し巻き卵もついてるということで即オーダー(笑)
待ってる間、窓から湖の方を眺めてると湖畔の草原を犬が沢山放してあり、放すというよりしつけがしっかりしてるから、ロープつけてる犬なんてほとんど見てない。
その犬たちが一生懸命、走って遊んでいるのです。
その犬たちの表情は今でも忘れません。私も犬を飼ってるけど確実に「笑ってる」顔なんです!みていてこちらも幸せな気持ちになります!
本当に嬉しそうに笑って走り回ってるのです。
ご主人様が口笛吹くとすっと足元へ寄ります。この犬と人との信頼関係はすごいですね。
とてもいい環境なんですよね。これは人にもいえること。
Y子さんがNZで子育てしたいと言う気持ちがよく解りました。
そして来たお弁当のサーモンはとろけるように甘い!
天ぷらも出し巻き卵も最高!やっぱり日本食!
そして帰りにスーパーへ寄り今夜の夕食の材料買いました。
帰宅後はまだ時間あるから窓を開けると気持ちが良い風が入り、ソファで休んでるうちにお昼寝してた・・・・この時間とっても気持ちがよかった!
街の喧騒もなく静かなんです。時々鳥のさえずりが聞こえるぐらい・・・。
深夜の星空ツアーの為にも寝てました。
そして夕食はサンドイッチを作りました。
NZ 247.jpg
シンプルに見えますが、チーズやハムも挟んで結構ボリュームあるのです。
そして22時、日が暮れ始めツアーのお迎えの車がやってきました。
とてももの静かな話し方の男性がきてくださいました。
この時は気がつきませんでしたが、この人があの星空ツアーを今まで築いてみえた人なんですね。
集合場所のオフィスへ皆きてました。そこから各言語ごとにバスに乗り向かいます。
山頂へ向かう間、途中からバスがヘッドライト消し登ります。よくこんな真っ暗な中走ることができますね。
ヘッドライトを消して走る理由はここは世界有数の天文観測所。世界中から天文台にきています。日本から名大がNZの地元の大学と共同で観測所を持ってるそうです。
バスを降りたらすぐ注意事項が説明されます。この観測所の撮影の邪魔にならぬよう、必ずカメラのフラッシュはつけてはならない事が厳重に言われます。
そして防寒着を着ます、これは本当に南極で使用されてるもと同じコートだそう。結構重いです!
このテカポは今年の夏に世界遺産になるかどうかの結果がでるそうです。
このテカポから観る星を登録申請されてるそう、形のないものとしての世界遺産は初だそう。これも楽しみですね。
勝手な事言うようですが、私としてはとてもお気に入りな場所になったから人が増えるのは嫌だなぁ・・・この静かな感じがよいのですが・・・。
そしてまずはドームの高感度な天体望遠鏡で遠くの星たちを見せてくれます。
その後、星空に向かいガイドさんがレーザーポインターのようなもので星たちを指し示し説明が始まります。
これ、すごいです!本当に星にレーザーが届いてる?って思うほど当たってるのです!
この星空ツアー一番の見所は南半球でしか見られない「南十字星」を教えてくれます。
どのようにみつけるかも説明しながら・・・現実はあまりに沢山の星が見えすぎてるから難しいのよね。
それと「にせ十字」もあって紛らわしい~。
見上げた空は満天の星・・・天の川もわかります。
南十字.jpg
この写真わかりにくいかも知れないですが、南十字の横にコールサックという暗黒星雲という場所なんですが、ここで新しい星たちが生まれてくる場所だそう。
これをみてるだけで私はとっても楽しく嬉しくて仕方がなかったです。
星座には必ずギリシャ神話がでてきますから、星座名聞いてると楽しいですよ。
ブログ.jpg
これの方がわかりやすいかな?
そしてこの星空を眺めてるといくつもの小さな光がすーって動くのですが、これは人工衛星だそう。
そして大きなオレンジの光がすごい速さで流れてきました。思わずUFO?なんて思ってたら国際宇宙ステーションだそう!
 丁度日本の野口さんが搭乗してますよね。
すごい所にいるんだーって感心しりきです。肉眼ではっきり見えるから感動ですよ。
その後天体望遠鏡で土星を見せてもらったり・・・あのドーナツの輪が縦にみえてました。
その後「アストロカフェ」でガイドさんが「ホットチョコレート」を出してくださいました。冷えた身体にありがたい!
これがさぁ、驚くほど美味しいの!こんな山頂のカフェにエスプレッソマシーンがあるのね。スチーミングしたミルクでいれてくれてるからホットチョコレートがふんわりとした甘さで今まで飲んだココアの中で一番美味しかった!
少し時間があるから星空を眺めてると最初に迎えに来てくださった男性ガイドさんが少し説明されたのですが、星空を眺めながら聞いてるとうっとりするぐらい素敵な声で囁くように説明してくれました。この方の声最高ですよ!
星空にぴったり!
あとから聞いたらとても有名なガイドさんだったそうです。
テカポに行ったらお勧めです!
「Earth&Sky」という星空ツアー専門です!
そして帰宅したのは0時を周ってました。暖炉の火をみながらもう一度星空を思い出してました。  素敵な素敵な夜でした・・・・。
翌朝はY子さん一家がわざわざホテルまでチャーチから迎えに来てくださり
本業のガイドさんに教会を案内してくださいました。

NZ 264.jpg

NZ 263.jpg
十字架に向かって祈りを捧げる時、この背景はとても癒されますね
美しいです。
ここからチャーチへ向かいます。
旅も最終へ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大自然の癒し ニュージー ミルフォード・サウンド編 [New zealand]

NZ 069.jpg

 

クイーンズタウンに到着後の翌日、早朝に私達は起床した。

今日は「ミルフォード・サウンド」日帰りツアーに参加します!

朝日が昇る頃です、現地時間にしてAm6:30頃です。朝焼けの山や湖もcollarが違いこれも綺麗~。[ぴかぴか(新しい)]

集合時間前にホテル周辺を撮影しました。

NZ 064.jpg

ここが2泊したクラウンホテル・クイーンズタウン

朝焼けのテラス!リニューアルされたばかりか綺麗でした。そしてこの窓ガラスも景色が映し出すよう計算されたのかな。

テラス付きのお部屋は優雅にさせてくれ毎晩テラスでお酒飲んでましたが日暮れ時はやはり冷えました(笑)

NZ 066.jpg

朝のサザンアルプス。これも素敵な景色[ぴかぴか(新しい)]

そしてツアーの集合はこのホテル前にツアーオフィスがあり楽チンでした。

日本人は多いから安心です、ちゃんと日本人ガイドさんがいてくれ安心です。早速バスに乗り湖周辺を通りながらお客さんをピックアップしていきます。最初は日本人だけでしたが徐々に白人の人が多くなりバスの中を見渡せば白人の人が多くみえました。

皆さんマナー良いから静かなバスでした。日本人ガイドさんがヘッドホンくれ「日本の方はチャンネルBで」と言われ車窓を眺めながら現地までDriveです。空はどんより曇りなんとなくこれじゃ晴れ間はないかぁ~と諦め半分で向かいました。大体現地到着まで5時間ぐらいだそう[がく~(落胆した顔)]

遠いんだぁ~[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

途中で湖へ降りました。

NZ 073.jpg

上高地で見た景色と似てたなぁ~なんて思い出しました。

ここは写真にあるとおりの「ミラーレイク」

NZ 074.jpg

 

文字を反転させてるからわかりやすいよね[ひらめき][ひらめき]

結構、ここまで来るのにバスの中でかなり寝てしまった。

   ガイドさんが大切な説明してるのにしらぬまに・・・うたた寝[ふらふら]

そのうる覚えの中で聞いて頭に残ってるのが、「NZでは家は日本のように南向きではあまり建てません」そうだよね、南半球だからね。

なんて夢の中でうなづいてました[眠い(睡眠)]

NZ 078.jpg

途中で写真撮影で降りた場所

やった[exclamation×2]晴れ間に変わってきた~                           旅で天気はとっても大切です、旅のいい印象もこのお天気次第だから!

ガイドさんも、かなり必死で今日のお客さんは本当にお天気に恵まれてますよ!と何度も言っていた。でも皆のってこないから「僕もガイドとして本当にこの辺りは雨が多いから今日はいいですよと話しても真実味無いから言わない方がいいかなと悩む時あります」なんて言ってみえ、その気持ちよくわかりますよ。って答えてました。特にこの山のエリア中々晴れ間がでないそうです。しかし・・・名前忘れたこのエリア[がく~(落胆した顔)]

NZ 081.jpg

私の撮影が下手で伝わらないかも知れないですが、切り立った山が迫ってくるような迫力があるのです[exclamation×2]

NZ 084.jpg

 

雲の流れも速いですよ~

NZ 083.jpg

これって日本で見る「つりがね草」みたいだね。

NZ 082.jpg

 

綺麗でしょう[手(チョキ)]

そしてよく大きな落石のあるトンネルの手前のエリア

NZ 094.jpg

氷河があります、それが解け滝になる。

NZ 097.jpg

大きな岩がごろごろしてます。

NZ 099.jpg

 

途中降りた大きな川

このエリアまでで何度もバスの中で案内があった、帰路にセスナでクイーンズタウンまで1時間程の遊覧飛行を申し込みました。

何人申し込んでるか知らないが少ないと飛ばないそうで・・・結果はクルーズ終えたらわかるそう・・。

5時間掛けミルフォードサウンドへ到着!たっくさんの多国籍なお客さんが一杯乗り場に集合してます。

私達日本人ツアーはもう乗り込んでいました。乗る直前によくある「旅の思い出写真」を現地のカメラマンがポーズの掛け声と共に撮影!

こういうのベタだけど、逆に旅行してるってよく感じます!日本も昭和にはよくあった風景だったよね。

クルーズなのでまずは、食堂エリアへ集合。日本人は皆よくまとまり集合時間も整列も一番静かにやってました(笑)

こういう時こそ、お国柄がでてます![わーい(嬉しい顔)]そして日本人は現地のツアーの人達が「おべんと、おべんと」って日本語で手渡してくれ、おまけにお味噌汁までついて驚きました!

他の国の人々は皆同じサンドイッチの入ったピクニックLaunchみたいです。

インドの人や中国、フランス、英語圏のイギリス、オーストラリアなど多国籍でした!多国籍なメニューだったら楽しいのにね。日本人だけ日本食あるのはやはり多いのかな?でも一番多かったのは今の経済事情どおりの中国人が多数占めてました。

食事も早々に終えデッキにすぐ私達は出ました。

NZ 101.jpg

以外と船って私は船首より後ろから眺めるのが好きです。ちなみに船首はタイタニックみたいになってないよ![わーい(嬉しい顔)]

ここへきて更にお天気回復!もう最高な景色[exclamation×2]テンション上がってくるのが自分でもわかるくらい[ひらめき]

NZ 107.jpg

 

このミルフォード・サウンドはタスマン海から15キロ内陸まで続いており、1200メートル以上の断崖絶壁に囲まれています。                この自然の美しさに引かれて、毎日何千人もの観光客が訪れる。ミルフォード・サウンドは、年間7000-8000mmもの降水量があり一年の3分の2は、雨が降る。その度にいくつもの一時的な滝を形成しています。

ということで、いかにお天気に恵まれたかとわかりました。感謝感謝!

NZ 111.jpg

ほんとうに癒される~

NZ 108.jpg

スケールが違います。

NZ 113.jpg

                    ここは下にいるだけでびしょ濡れになりました。すごい水しぶきの量でした。しかしマイナスイオンがとってもでてると感じます。日本人はこういうの濡れるの嫌がるけれど、欧米の人々は楽しんでましたね~。その「楽しめる気持ち」がもてることがしあわせですよね[exclamation]

NZ 116.jpg

こうやって滝の周りにはいくつもの虹がみれます。

NZ 122.jpg

この入り江にはオーストラリアから直接タスマン海渡ってこのような豪華客船がきます、お互いすれ違いにデッキから手を振るのです。

私も手を振ってもらうと嬉しいから振り替えします(笑)[わーい(嬉しい顔)]

NZ 124.jpg

 

本当に大きな船でしたよ~[船][船]

船のガイドさんが最初に何か言ってこの岩に近づきました。

NZ 126.jpg

野生のアザラシが寝そべってます!彼は夜行性で昼間はこうして寝てるそう。そして夜狩りにでるそうです。

NZ 104.jpg

いかに風が強いかわかりますか?入り江にはほんと風が舞い込みすごいですよ。帽子は飛ばされるから結局被れずです。子供のようにゴムひもでもつけなきゃ無理ね[あせあせ(飛び散る汗)]

NZ 129.jpg

ここも、お天気や時間と共に湖の色合が変わります。常に変化してるみたいで同じ景色でも十分に楽しめます、そして癒されます。そうですね、疲れ果てた心や汚れた心が浄化されていくようです・・・こんな事書くと普段自分がよほど汚れた世界にいるみたいね(苦笑)

NZ 136.jpg

そんな気持ちも、このマイナスイオンたっぷりの空気や景色、そしてこの綺麗な虹と共に日常を忘れます。

このクルーズで一人旅の日本人の女の子と話しました。彼女は東京からきていて、以前ワーホリでオーストラリアに居たそう。そしてこのNZを「大人の国ですよね」って言ってました。まだ日が浅い私はピンとこなかったですが徐々に日が経つに連れよくそれを感じることとなりました。

それともう一人ここで少しだけ言葉を交わしたのはフランス人のおじさま、私達が山の方向を見てるとニコニコ近づいてきたから、どこから来たかきいたらフランスからって。このおじ様奥さん他って置いて自分が景色楽しむのに夢中。そして私たちに持参の望遠鏡貸してくれてもっと山の頂をみて!何度も説明してくれてました。いいおじさんでした(笑)

多国籍って面白いね[ひらめき]

もう岸に向かうかなって思ってたら突然船長さんがアナウンス!

日本語ガイドさんいわく「船長さんがイルカを見つけたそうです!」って、やった[exclamation×2][exclamation×2]野生のイルカに会えるなんて!

NZ 128.jpg
これも私のテクニックの悪さ・・・背びれしか写って無い[もうやだ~(悲しい顔)]
三匹づつ2グループで泳いでました。
これもガイドさんにとってもラッキーでしたよって言われたけれど、確かにラッキー続きは本当かなぁって思えちゃうねぇ。[あせあせ(飛び散る汗)]

そして岸に到着となり、私はいかにも旅行記念の写真が並んで販売してたのを購入し日本に待ちかえりましたが、今はいい思い出となりました。

CD-Rや絵葉書セットもついて大きい写真が二千円もしないからいいよね。

帰りは遊覧飛行が可能となり6名の日本人と白人の夫婦一組で搭乗し出発となりました。[飛行機][飛行機][飛行機]                                    私は海外沢山飛行機で行ってるけれど、セスナは苦手なの[ふらふら][ふらふら]        本当に小さなセスナに乗り込み、エンジン音うるさいから皆耳にヘッドホン着けフライトです!ここで昔のグランドキャニオンのセスナに乗った事が蘇りびびりです。 

NZ 155.jpg

これがビビリになっても撮影は一生懸命[わーい(嬉しい顔)]どうですか?この上空からの景色

NZ 156.jpg
 やっぱり違うねぇ~[ぴかぴか(新しい)]
水平飛行になりパイロットの人が私達お客に時々後ろ向きながら英語のアナウンスしてるけど、私は心の中で「いいから前向いて操縦しててよぅ」ってつぶやいてました[がく~(落胆した顔)]
何度も時々ひゅーって落ちるんですよぅ~本当にびびりました。声も出てしまったけど私だけじゃないからね!
NZ 165.jpg
これはセスナじゃないと観ることできない、頂の氷河湖!綺麗なのです。
一番撮影したかったのが上空から見た山並みですがどうしてもプロペラの横に座ったから撮影できなかった。
どの写真にも入ってるよね<プロペラ
NZ 176.jpg
段々と私達のホテルエリア。クイーンズタウンの街へ近づいてます。
綺麗でしょう~
NZ 180.jpg
ホテルの目の前の湖は上空からみると、こんなに綺麗な色なんだね。
そして低空飛行に入り滑走路見えてるから、そろそろって思ってたらそんなことわなく、手前の芝生へ着陸・・・ひぇ~滑走路じゃないんだ。
どうやら衝撃が少ないようです。そしてイケメンのパイロットとはここでおさらば!
街までバスで送ってもらい、まだまだ明るい17時!早いなぁ、バスなら20時過ぎでクタクタだよ。ありがたい。旅は時間もお金で買うぐらいじゃないと上手くこなせません、特に休暇が限られてる私達は!
ホテルに到着し早速夕食へ街のレストランへ。
色々みてなんとなくお店の雰囲気で選んで入りました。
ここもイケメンのウエィターばかり。
そこでお勧めワイン聞いてみた、リクエストは甘くて軽いワイン。これを適当な英語で言うと彼が2種類説明してくれて選択。
NZ 185.jpg
デザートワインじゃないけれどあまーく美味しいワインでした。
NZ 184.jpg
本日のスープ・・・なんだったけ?
NZ 183.jpg
これはイベリコ豚の料理だけど、キュイジーヌだね。ソースや下にある野菜は青梗菜だし、上に水餃子あるからね。でも店のコンセプトはイタリアンだったよ。味はGoodです!
NZ 182.jpg
これはツナ=マグロです。NZではクロマグロ食べてるのね。
カナダでは白マグロでした。これも美味しく日本人好みな味。
NZにきてまずいもの食べてないですね。一つ失敗は朝ごはんに買ったスーパーのクロワッサン。バッサバサでした。
NZではレストランあまりハズレは無いと感じました。今まで訪れた海外では食事はかなりレベル高いですよ[ひらめき]
この日も翌朝長距離バスで移動となるため早めに就寝。クイーンズタウン最後の夜です。ここも、もっと居たかったな。
この時テレビはオーストラリアオープンがずっと放送されてました。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大自然の癒しニュージー クイーンズタウン編 [New zealand]

NZ 053.jpg

やっと午後から国内線乗り継ぎ、美しい~クイーンズタウンへ到着しました。

クライストチャーチからクイーンズタウンまで飛行機で1時間程で到着。小さな飛行機でしたが、とってもリーズナブルな料金で乗り継ぎ簡単!

着陸時、窓下には雄大なサザンアルプスの山々が連なって、この美しい青空ともに、一気に疲れが飛びました!絵の中に入った!?と思うくらい美しい景色です!ここで感動します!

予約してくださっていた、乗り合いの車に乗り街へと連れて行ってくれます。

私達だけでしたが(笑)親切なドライバーさんでした。そしてホテルへチェックイン!あぁここにも日本人在住で助かりました。キーを受けとり部屋へ。

素敵な部屋でした、特にバスルームのアメニティはニュージー旅行の中で一番上質なものでした。買いたいくらいだった。確かシャンプーもマヌカハニーでした。部屋の目の前がこの景色!

NZ 047.jpg

この湖の色はなんともいえず・・・ただただ美しく眺めているだけで癒されます。                                             この日は長時間のフライトでかなり疲労感強く眠気がきました。そして早めの夕食へ。

Y子さん夫妻がリサーチしてくださってちょっとした「旅のしおり」を受け取っていた私達は参考に街へ。「フィシュボーン」という魚の骨の看板を探しすぐ入りました。

日本語メニューを聞くとすぐでてきました(笑)

NZ 054.jpg

 

濃厚なクラムチャウダーが本日のスープ。まったりとして美味しい~

NZ 056.jpg
このあたりサーモンも有名。これも美味しかった~私この時、何故かコロナビール頼んでたなぁ。ライムがシーフードと合いました。
NZ 057.jpg

そして、これ!お勧め!イカリングフライ。いけてますよ~。

NZ 055.jpg
すずきのフライ

もうお腹一杯で食べられない~。残念ながら残すことになりました(笑)

お腹が苦しい私はしばし歩いて散歩しホテル裏の山頂にロープウェイでいけると聞いてましたのでチャレンジしましたが、途中の坂道であまりの足の痛さとお腹の苦しさに負け退散しました。残念~。きっと山頂へ行けばあの絵葉書にでてくる美しい湖が上から眺めるとこができたんだろうな。

湖に面したところで白人の方々は皆肌焼いてます。信じられない~

NZ 060.jpg

私達は長袖、帽子、サングラス、スカーフ、日焼け止めたっぷりなんて井出達で歩いてました(^_^.)

オーストラリアやニュージーは比べ物にならない程の紫外線なですよ~。

NZ 058.jpg

湖の色は時間と共に変化していきます・・・

この日はあまりの疲労で早めの就寝・・・裸足で歩けないほど足に疲労がきてました。

明日に備えて・・・おやすみ~


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大自然の癒し  ニュージー  クライストチャーチ初日 [New zealand]

NZ 009.jpg

自宅から出発時間を逆算して約24時間後にクライストチャーチへ到着しました。NZは今は夏ですのでサマータイムですから4時間の時差があります。日付変更線に日本より近いから常に先に進んでると思ってください。     でも私は途中シンガポールの時差でマイナスになりチャーチでプラスしてるうちに自分が何時間飛行機に乗っていたかわからなくなってました。      その時差ぼけと長時間の飛行機で陸地へついても頭の中がゆらゆらしてました[ふらふら]                                            クライストチャーチ国際空港へは、以前の職場の知り合いY子さんにお出迎えして頂きました。                                    今回のNZの旅行はこのY子さんご夫婦の企画によるもの。特にご主人は「ガイド」の資格もありプロです!助かりました[ひらめき]                  午前にチャーチへ到着しましたが、午後便でクイーンズタウンへ向かう国内線に乗る前に、少しの時間を利用してチャーチの街を案内してくださいました。

チャーチは「ガーデンシティ」と呼ばれるだけあり、真に美しい庭、公園が満載!緑多い素敵な街です。

その前に地元で有名なアイスクリーム屋さんへ連れて行ってもらいました。

NZ 011.jpg

この沢山のベリー達!もう最高!私ベリー大好きですから[exclamation×2]

このベリーを使ったアイスはもっと最高!今が一番ベリーの旬だそう。いい時期にきました。

NZ 013.jpg

ちょっとぼけてますが・・・

NZ 014.jpg

ベリーのソースこれがパフェに入ってました。ん?サンデーだったけ?

私のオーダーはベリーのミックスにアイスはソフトクリームの組み合わせ!

NZ 015.jpg

 

 海外でアイスは抵抗ありますが、NZのアイス最高です!知りませんでしたが、NZは世界でアイス消費が第2位だそう。もちろん1位はアメリカでも、アメリカは歯が溶ける~[がく~(落胆した顔)]   ここの国は美味しいから最高です。          そして公園へ・・・                                     

NZ 016.jpg

かもが沢山泳いでました。ここは元は個人のもちものだったそうですが、市へ寄付されたそうです。中にはその邸宅を利用しアフタヌーンティーができる建物や、元庭師さんの家も残っています。                      

NZ 019.jpg

この感じ、イギリスと全く同じ・・・さすがイギリス移民が作った街ですもんね。 

NZ 021.jpg

この川も底が見えるほど透明度あって綺麗な水です。NZのお水はほとんど飲めるし美味しいそうです。エビアンよりいいそうです。              

NZ 024.jpg

あじさいが満開でした。

NZ 029.jpg
チャーチで一番リッチな邸宅だそう。お庭がきちんと手入れされてます!

 

NZ 037.jpg

薔薇アーチ

NZ 041.jpg

綺麗~

NZ 042.jpg

到着した時は雲ってましたが、晴れ間がみえてきました。私は晴れ女![わーい(嬉しい顔)]

NZ 045.jpg

緑から洩れる光が綺麗です。                              数時間イングリッシュガーデンを楽しんだあと、空港へ。国内線へ乗り継ぎます。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大自然の癒し ニュージー!移動編 [New zealand]

NZ 001.jpg
1月末にNZに行ってきました!
今回はシンガポール航空利用し、セントレアーシンガポールークライストチャーチと乗り継ぎました。
日本からシンガポールまでは7時間、シンガポールからチャーチは10時間半!疲れました~。NZへはNZエアーが成田、関空とありますが航空運賃が結構してたので私はシンガポール航空を選択、もう一つの理由はシンガポール航空は世界一のサービスと安全性が有名、そしてシンガポールの空港、チャンギ空港も世界一の設備とサービスで有名。これを一度は体験したく選択しました。
 行きの機体はA330でホントエコノミーですが、シートピッチも大きく、ミールやエンターティメントも最高でした。
NZ 333.jpg
ビジネスぐらい大きなパネル。これはIpodも使用できるようジャックも着いてます。ドリンクホルダーが前にあると一々テーブル出さなくていいから快適でした。
NZ 005.jpg
ミールは2種類の選択。「インターナショナルセレクション」か「和食」私は和食を選択。これは、京都「菊の井」村田吉弘氏のオリジナル料理とありました。機内食と思えないほどでした。                                                   
えびせんべいは知多が近いから!?
 そして機内サービスの飲みのものはとても種類豊富。さすが!
ソフトドリンク、ワイン、ビールはもちろん、スピリッツ、リキュール、ビジネスの様にありました。私は折角だからシンガポールで有名な「Singapore sling」をオーダー。
赤い飲み物がそうです。1915年ラッフルズホテルで誕生した世界で有名なカクテルです。美味しいから帰りに免税店で購入しました[バー]            そしてシンガポールへ到着近く下をみると・・・   
NZ 008.jpg
なんだろう?
NZ 007.jpg
さんご礁?かな。 こんな感じのが時々見られました。外気温32℃!冬の日本と真逆な気温。空港へ到着すると蒸し暑い~[あせあせ(飛び散る汗)]                とにかくでっかい空港って感じでした。ゲートがとても遠いし、ターミナルも3つあり、さすが!って思いました。                           ターミナルの移動はモノレール。これは成田も同じですね。          
NZ 332.jpg
このひろーいゲート、先まで見えない!
NZ 331.jpg
ターミナル3は特に新しくショッピングも充実。                     無料のマッサージ機、無料のネット。そして休息できる部屋。足マッサージ屋さん。長時間いても退屈しない、そしてトイレ!とっても綺麗で常にお掃除の方が待機してました。
  気持ちよく綺麗に使えるから世界一なんですね!
そうそう、FIFAの公認shopやF1のグッズのshopなんかもあり、他の空港ではないものがありました。   

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
New zealand ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。