So-net無料ブログ作成

2012 [映画]

2012.jpg
この映画、公開すぐに見てきました。結構興味引く内容でしたし、CMもかなり迫力ありましたね。
とにかくCGはすごく綺麗で本当にそのように見えてます。
うさんくさいところなんてありませんでした。
しかし、しかし・・・内容はいつものアメリカ中心のアメリカのための映画。
インデペンスディやディアフタートゥモローなど混ぜ合わせた感じ。ストーリーは考えない方がいいかも(笑)CGがどれだけ進化したか観に行くつもりで行った方がいいですね。
そしてこの映画のこのシーンを何故載せたかというと、偶々観ていたNHKの「クローズアップ現代」にこの映画のCGチームを率いる日本人、坂口 亮という31歳の人がでてきました。
流体力学を3年間独学で勉強したと言ってました。そのチームは国際色豊かな人種の中で唯一中心的な人なんです。この繊細な仕事はすごいです。彼は今までもハリウッド映画作成に関わってます。パイレーツやデイ・アフタートゥモローなど。
今度のアカデミーが楽しみ[exclamation×2]絶対彼の名前覚えていて下さい!
オスカーを手にする日本人、素敵ですね[ぴかぴか(新しい)]

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

emi

日本人も頑張っていますね。
マドンナのバックダンサーの人とか、世界で活躍する人はすごい!!
そして、若いですね。
名前、憶えておきます!
by emi (2009-12-04 19:50) 

ありょんか

emiさん>バックダンサーの人、名古屋出身みたいだね。専属シェフといいマドンナは愛知出身の日本人がお気に入りみたいですね。
あのダンサーも只者でないですね。
by ありょんか (2009-12-05 01:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。