So-net無料ブログ作成
検索選択

ソウルの旅 [韓国]

今年の四月、ソウルへ2泊3日の旅へいきました。
セントレア午前9:50発大韓航空にて仁川空港へ。[飛行機]二時間もしない間に到着。仁川空港の到着ロビーでソウル行きリムジンバスのチケットをデスクで購入。すぐ外にでるとバスは15分置きにやってきます。[バス]結構いいシート広々リクライニング!1時間半程高速を走るとソウルの街に入ります。10年前は・・・金浦空港だったなぁ。
今は素敵な国際空港ができていました。韓国ドラマ「エアーシティ」の舞台だもんね。
 リムジンバスは主要なホテルに停まります。もちろん私は高級ホテルには宿泊してません。「ロッテホテル」でバスを降りここからタクシーで宿泊地へ。「東大門運動場」(とんでむんうんどんじゃ)と発音すると通じます。それをタクシーの運転手さんに伝えます。にしても・・・すごい荒い運転!心の中で「ひゃー」と何度も叫んでました。荒いの荒いの[がく~(落胆した顔)]
韓国は車優先社会だからぼやぼや歩いてると引かれます[exclamation]
そして「東大門運動場」に到着。ごろごろとトランク押して宿泊先の「コープレジデンス乙支路」へ。ここは大変リーズナブルで綺麗です。そしてフロントの方はかなり流暢な日本語でした。三ヶ国語は対応すぐできてました。
SOUL 013.jpg

SOUL 015.jpg

お部屋の紹介・・・全くマンションと同じです。設備も長期滞在者向けですから、食器、調理器具、クローゼットが充実してます。
SOUL 009.jpgSOUL 006.jpg
夜の清渓川・・・綺麗です。カップルがたくさん[exclamation]
SOUL 019.jpg
ロッテデパート地下で食べた「トッポギ」と「チヂミ」味は・・・今一[バッド(下向き矢印)]
SOUL 012.jpg
夜はこの東大門・・・眠らぬ街とは聞いていましたが、すごいです。観光バスみたいなのに乗った人達が黒いビニールの大袋をいくつもバスから運び出し夜遅くビルへと・・・・それがこの東大門名物・・市場の人達なのです。あらゆる衣類や食べ物、靴、カバン革製品なども運んできて朝までお店を開くのです。すごいエネルギーだと思いました。日本の卸売り市場で働く人が朝早くなんて思ってましたが、こちらは夜21時ごろから明け方4・5時までお店を開けるのです。
この街は毎晩眠らないのです・・・。でも商品はとってもお安くいいものが結構ありました。私皮専門市場で皮のジャケット購入sheepskinで仕立てもよく日本円で18000円ぐらいだったかな。
ホテルに帰って寝たの深夜1時半ぐらいだったかな・・・。
翌日は今回のメイン・・・仁寺洞へ。ここは韓国の伝統的なものがたくさん残ってる街です。はじめてきました。
10年まえは知らなかった・・・。一番癒される街でした。
SOUL 043.jpg
こんな感じがいいねぇ
SOUL 045.jpg
SOUL 038.jpg


今回この仁寺洞にきて一番のお楽しみの伝統茶「五味子茶」これが楽しみでした。
なんだか日本にいるのと錯覚するような静けさがあるお店です。
SOUL 039.jpg


この赤いお茶は夏は「花五味子茶」としてフルーツが入るそうです。甘酸っぱくすっきりした味です。病み付きになりスーパーで簡単なインスタント買いましたがこの味はでませんでした。
よこにでているお菓子も口の中でふわぁと溶けてしまう感触。これも即お土産に・・・しかし帰国してみたら潰れてた[バッド(下向き矢印)]
新緑の仁洞寺・・・どの建物も本当に綺麗でした。
SOUL 048.jpg

SOUL 073.jpg

仁洞寺で韓国伝統料理のお店「山村」(さんちょん)に入りました。ここは蓮の花のライトがありまるで・・・仏壇の中のような気分でした。でもお客さんの中にシスターの人もみえ皆静かな雰囲気の中で召し上がってます。給仕の方も伝統的な衣装で丁寧な接客でした。「チャングムの誓い」でもみておけばよかった~
SOUL 050.jpgSOUL 052.jpgSOUL 053.jpg
SOUL 058.jpg
身体にとってもいいお料理ばかりなんだけど、段々食べていて寂しくなりました。苦いのなんのって[あせあせ(飛び散る汗)]
「良薬口に苦し」ですね(笑)一つだけさつまいもの天ぷらがでた時だけ助かった~と思った自分(^_^.)
気を取り直し夜は・・・焼肉[exclamation×2]これもお楽しみの一つ!
SOUL 059.jpgしかし・・・ごらんのとおり韓国ではお店の人が焼いてくれるんですが、「全部乗せるんかい!?」ってなことになって、忙しいのなんのって・・・慌てて食べるもんじゃないやろう?(>_<)
美味しいのになぁ・・・ここではビール飲んですべて一人2000円ぐらい。よしとしましょう[わーい(嬉しい顔)]
「サムギョプサル」豚の三枚肉このお店ではこれが一番美味しかったなぁ。ごま油つけて食べるのです。
でもすべて野菜に巻いて食べるからいいのよねん!
最終日、もう一度仁洞寺行きたく朝から向かい地下鉄で地上に上がったら方向が狂っていました。
そして知らない場所へそれが下の写真。
SOUL 062.jpgSOUL 063.jpg
しかし、ここでとっても素敵なことがありました。
段々不安になった私は強引な支離滅裂な英語でいいスーツ着たお兄さんに声を掛けました。彼は少しだけ日本語の単語と完璧な英語が話せました。それで私とめちゃくちゃな会話に付き合ってどうにか理解してくれましたが、私が彼の返答を理解していなく彼が心配になったようで、「私の車で送りましょう」と英語で話してくれました。普通は知らない人の車に乗りませんが、あそこまで一生懸命理解して説明してくれたこと、話してる時の育ちの良さが伺え、お願いすることに・・・車で10分ぐらいで到着!降りる時も降りてドアを開けてくれたりと、韓国男性の親切さがわかりました。これは、たまたま彼がそうだったのかも知れませんが、降りてから一生懸命お礼を韓国語で話したつもりの私は気がついた時「あにょはせんよ~」と御馬鹿なことを言っていました。・・・[もうやだ~(悲しい顔)]それとこんなに親切にしてくれたのに名前も聞かなかったことに深く反省してます[たらーっ(汗)]
彼は日本に叔父さんがいて、友人の親族も札幌にいて遊びに行ったことあるらしく、日本語が少しわかるようでした。
誰だかわかりませんが、私たちを送ってくれた韓国人ビジネスマンの人ありがとうございました。
そして無事、仁洞寺につきまた大好きな伝統茶を頂きメインストリートを歩いてるとCM撮影に出逢いました。
SOUL 072.jpg

彼のマネージャーらしき女性が私に近づいてきて「あの人は韓国で昔人気のあった歌手です」と話かけてきました。
でも私「歌手はチョーヨンピル」しか知らないよ」と返答すると「あの人ほど有名じゃないです」と。じゃわからんよ(~_~;)
そんなこんなで最終日のソウルは思い出が残りました。
街でメガネを作りにいったお店のお兄さんも日本語が片言話せました。独学で勉強毎日してるそうです、なぜ日本語なのか?と聞くと「日本語はかっこいいから」と言いました。うーん複雑(-_-;)そんなこと言われると綺麗な美しい日本語話さないとね[ひらめき]
韓国と日本と色々あるけれど、10年前はただ怖い韓国というイメージでしたが、今回は素敵な人達に出会えました。
とてもいい旅だったと思います。また行きたい韓国・・・・なのでした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

ryo

久しぶりにメッセージを‥。


先週からの韓国、初めての海外ひとり旅。


母国では当たり前の行動が出来なくなると思った途端、不安がたくさん。

電話の向こうでは「気が小さいわねぇ~~」と喜び半分の声が

未だ残ってます!


まぁ、それはさておき今回の旅行は天気にも恵まれず、印象に残ったことといえば‥数少な。

まず天気。

行った日から帰る日まで雨、しかもニュースになるくらいの土砂降り。

ホテルの窓から見える道路は雨で小川のせせらぎの様にキラキラしてました^^;


それでもホテルはグレードアップしてくれてデラックスだったのが救いでしょうか‥ひとり大人しく部屋に籠もるには最高でした。


あとは地下鉄のおじさんが親切に色々教えてくれたこと‥
女でもないのに・・・有り難かったです、とっても。
蒸し暑かったけど、なんとも楽しかった(笑


食事は噂では「美味しいよ!」ってなこと聞いていたけど‥
まったくダメでしたね~
御陰で2キロやせました^^;

そうそう、韓国のコーヒーってどれもカップがメッチャ大きかったけど
どこもそうなのかなぁ‥
これまた薄くて‥ちょっと残念でした。

あとは‥またお邪魔します!

by ryo (2010-09-15 13:05) 

ありょんか

ryoちゃん>ご訪問ありがとう。

そうですか・・・お天気>雨男だね(笑)私と正反対だね(^.^)

でも楽しめたこともありよかったね、自分で得た事だから海外一人旅はとても感動的じゃなかったですか?(^^)
手応えはいい感じだったみたいだから次回チャレンジして、私にいつものように「韓国なんてたいしたことねぇよ!」という言葉聞かせてくださいね!

またひとつ大人になったね(笑)
by ありょんか (2010-09-15 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。